借り換えローンガイド【低金利でカードローン・キャッシングをのりかえる!】

低金利でカードローン・キャッシングをのりかえる!




借り換えローンを比較し失敗しない借り換えローン選びを!!


カードローンは、様々な内容の商品を用意しており、目的と合致した選択を行う事が可能な状況です。

同じ金額を利用する場合は、金利が低い方が返済の負担は軽くなるので、0.1%でも金利が低い商品を選択するのが有効です。

しかし、仮に金利が高い商品を利用してしまった場合でもやり直す事は出来ます。

新たに金利の低い商品から借入を行い、全額返済してしまうという方法があるからです。このように、有利な条件に契約するために借り直す事を『借り換え』と言います。

当サイトでご紹介している借り換えローンは、数あるカードローンの中から厳選した口コミでも人気が高いおすすめの借り換えローンを紹介していますので、是非参考にしてみてください。







~そもそも、借り換えローンって何!?~

借り換えとは、現在利用しているカードローンより条件の良い他社のカードローンに借り換えることをいいます。

借り換えはさまざまなローンで用いることができる効率のよいテクニックです。

金利が高くて毎月の返済が厳しい方など、一度借り換えを考えてみませんか?




~借り換えするメリットって!?~

借り換えをするメリットって一体何でしょうか?

借り換えをする一番のメリットは「金利」が低くなることです。

現在利用している金利よりも低金利になることで、返済額を大幅に減らすことができるケースが多いです。

借り換えを行うことにより、金利の負担が軽くなり、結果総返済額を減らすことができるということなのです。

ローンの支払いが長期になる可能性がある為、たったの数%の金利の違いでも、将来的に支払う金額が大きく異なってきますので、金利をしっかり確認しましょう。

また、借り換えローンには他にもいくつかのメリットがあります。

まず一つ目は、返済日が毎月「1回」になるということです。

複数の業者からの借り入れがある場合、毎月の返済回数は複数です。毎月の返済回数が複数だとそれだけで負担になってきますよね。

借り換え(おまとめ)を行うことによって、複数あった返済回数が毎月1回になり、払い忘れもなく、便利に利用することができますよ。

次に二つ目は、総量規制の対象から外れているという事です。

総量規制とは、新貸金業法に加えられたルールで、借入の総額は年収の3分の1以内にするという内容です。

このルールは、貸金業者の個人向けカードローンを対象としており、借り過ぎにより返済困難な状況に陥らない様にする事が目的になっています。

総量規制対象外ということで、借り入れの総額を制限されることなく、年収3分の1を超えても借り入れが可能です。




~借り換えローンの特徴って!?~

借入額が大きくなるほど、金利は低くなります。

10万円未満の借入がある場合と100万円を超えている場合とでは、1年間で5%金利が異なるという事です。

さらに、現実の商品は、これ以上に大きな違いがあります。このために、少額ずつの借入を複数の業者から行っている様な場合は、一本化(借り換え)する事により金利は低くなります。




~借り換えローンは通常よりも審査が厳しいの!?~

金利の低い商品は条件は厳しくなってしまうので、複数の借入がある場合は、審査を通過する事が難しくなってしまいます。

しかし、借り換えローンは、複数の借り入れがある方でも利用することができます。
しかも、返済の負担を大きく減らすことができるのです。つまり、借り入れが多い人ほど減らせる金額も大きくなるということです。



借り換えローンの金利って?


借り換えローン・おまとめローンの基礎知識として第一に挙げたいのが、『金利』についてです。

借り換えローン・おまとめローンは基本的に低い金利で設定されています。

そのため、今まであった借金と比べてみると、月々の返済金額やトータルして払う返済金額を少なくできるというメリットが生まれます。

返済額が減るということは、単純にそれだけで節約になります。

複数の会社から借金がある場合、それぞれの会社に最低返済額というのがあるため、毎月あちらこちらの借り入れ先へと返済をしていると、それだけで月々の返済額は大きくなってしまいます。

借り換えローン・おまとめローンで一本化すれば、毎日の生活にも少し余裕が持てるくらいの状態にもなり、そうすると、支出の面でも見直しをして完済までの道のりが見えてくるという良い状態を作り出すことが可能になります。

また、借り換えローン・おまとめローンの基礎知識としてもうひとつ挙げたいのが、精神的なストレスの軽減です。

ただでさえ、借金をしているという事実だけでも、精神面での負担は重くのしかかり、ふとした時にも借金のことが頭をよぎってしまうのは誰しもあることです。

それが、複数社にわたっているとしたら、その返済期日を管理するだけでも手いっぱいで、あちらにいつまでにいくらとか、こちらにはいつまでにいくらと、毎月毎月考えるだけでもうんざりしてしまいますよね。

それが一本化してひとつに固定されるだけでも、ずいぶんストレスは軽減されることになるはずです。

借り換えローン・おまとめローンの基礎知識をふまえて、今一度、自身の借金を長期的に見直す良い機会ですよ。


前の記事